深い話

人生の深い話について3つ考えてみました

学校で友達とバカ騒ぎするのは楽しい。

家でゲームしているときも楽しい。

ただたまになんかね、人生の深い話について話し合うような人が欲しい。

いや、いつもじゃないんですよ。

たまにそういう気分になるときがある。

 

僕らにとっての深い話とは何か

 

例えば、人は性欲と愛どっちが重要?

受験勉強必死でして、良い大学入って、良い就職先を得て、

年取って死ぬ。受験勉強を必死でする意味って何なの?

なんで人は生きているの?

 

こういう話ができる友達がいるときもあれば、

全くいない場合もあるね。

 

先生に相談すると、

そういう問題は大学に行って勉強しなさいと。

哲学系の学部が良いとか。

 

じゃ、そこに行った人は問題の明確な答え、

絶対的な答えを持っているかというと、

全くない。

 

人は性欲のために生きているのか、それとも愛なのか?

結論をいきなり言うけど、

人それぞれでしょう。

人が持っている最大かつ最も価値ある権利。

それは選択の自由。

自分で決めることができるね。

異性を性欲の対象とするか、

愛情を注ぐ相手とするか。

 

じゃ、ここで考えたいのは、

どんな人生を歩みたいのかだね。

 

どうせ80年くらいしたらみんな死ぬのだから、

適当でいいやという人もいれば、

幸せに生きたいと願う人がいる。

ただ、多くの人は幸せに生きたいと願っても、

具体的に自分の幸せな状態を描くことができていない人が多い。

幸せも人によって違うね。

 

このテーマで考えたいのは、

年取って一人で友達なく生きたいのか、

年取って金のつながりの友人関係だけを得たいのか、

年取って金、地位名誉とか度外視した友人に囲まれて生きたいのか。

このうちのどれかな?

 

性欲のために生きる人は

自分の欲望を満足させるために人を利用しているだけで、

そんな人、友達にしたくないタイプとしては上位ランク入りだね。

そういう人は友達がいない人生を歩むことになるか、

金持ちだったら、その金目当てに集まってくる人たちに

キャーキャー言われて生きていくだろうね。

 

実際の話だけど、

うちの親は高額所得者だったんだけどね。

大阪の北新地に入り浸ってた。

なんでそんな高級クラブに行く必要があるの?

人を大切にしない人だったから友達がいなかったんで、

クラブに行って若い女の子にキャーキャー言われてやっと

自分は人に愛されているという自尊心を満たしていたわけ。

 

それ見て僕は、欲望に振り回される人生は嫌だなと思った。

 

こう言っちゃなんだが、

そういうお金で買える関係よりも、

自分のために親身になってくれる友達に囲まれる方が

僕は好きなんですよ。

 

愛情重視の生き方はかなり得のように思えるけど、

難しいんですよ。

だって、自分の欲望をコントロールする技術が必要だから。

世の中って欲望は制御するものとか誰も考えないし、

欲望のままに生きよう~~というスローガンのほうが多い。

欲望に支配された生き方は楽だけど、

欲望を支配する生き方はほんと難しい。

だから、理想はわかってても多くの人ができない。

欲望のままに生きるのは楽。流されて行けばいいだけ。

 

というわけで、性欲と愛はどっちが上とかない。

自分が好きな生き方をすればいい。

ただ、自分の選択は自分で責任を取る必要がある。

悪いことをしたら、その見返りは自分に帰ってくるからね。

 

受験勉強の先にある将来はバラ色か?

勉強したくて受験勉強している人もいるとは思うけど、

そんな人なかなかいないでしょ。

 

僕は受験-大学-就職-退職-老後というオートマチックな人生に

何の魅力も感じなかったので、

そのレールから脱線したけどね。

なんか、他の動物の一生とさほど変わらんでしょ。

生まれて、成長して、子作りして、死ぬ。

しょせん人間もその辺の動物と何ら変わりないのか。

 

この受験から老後の人生を考えると、

他の動物よりちょっと年数が長いだけど、

何も変わらないことに気づき、

非常に落胆した。

 

一生懸命生きて何になる?

 

親に一生懸命勉強する理由を聞いたことがる。

答えは

頭の悪い学校に行くと不良にいじめられるから一生懸命勉強するんだ。

 

正直言って子供をなめてるね。

そんなくだらん理由で必死こいて誰が勉強する?

 

なんで必死で勉強するの?

なんで必死で受験勉強するの?

の意味は違う。

 

今僕なりの答えがあるから一応書く。

 

なんで必死で受験勉強するの?

いや、しない。しなくていいと思う。

大学に行って何かをやりたいという明確な目標がある場合は、

必死でやってOKだと思うけど、

漠然となんで受験勉強しなくちゃいけないのかというなら、

やらなくても楽しく生きていける道はいくらでもある。

つまり大学に行って何かしたいという明確な目標がない限り、

必死で受験勉強してもしなくてもどっちでもいいと思う。

 

ただ、高校生ですでに人生の明確なビジョンを持っている人とか

なかなかおらんでしょ。

だから、周りのみんながしているように必死で受験勉強するのも

ありじゃないかな。

 

努力したら必ず報われるとは思わないけど、

必ず得られるものが何かある。

自分が期待したものとは限らないけどね。

 

なんで必死で勉強するの?

思うんだけど、生きていることが勉強だと思う。

その中でも必死で何かに打ち込むときがあったりする。

やっぱりこれも受験勉強と同じで、

 

目標

 

これが関係してくる。

僕が必死で勉強するときは、

その先にある景色がだいたい見えているから。

勉強は自分への投資と言える。

座って机に向かいガリガリやるだけが勉強じゃないから。

人の話を聞いて学ぶこともあれば、

動画見て勉強することもある。

 

僕が勉強する理由を簡単に言うと

 

より人生を楽しみたいから

 

勉強してパワーアップをすると、

より楽しいことができるようになる。

 

だから勉強する。

 

なんで人は生きているのか

これ、意見がたくさんありすぎてここで断定してしまうことはできない。

ただ、この問題の回答を得ることに逃げている、あきらめている人がほとんど。

他人に聞いても

そんなの考えてもわかるわけない。

と即答されるだろう。

 

他人はどうでもいいけど、

この答えが欲しかったら

探し続けると良いと思う。

人の価値観に難癖付けるのはなるべくしたくないけど、

僕は僕なりに答えを持っている。

 

結論から言うと、

これは宗教の分野に入ると思う。

また各宗派で言っていることが違うけど、

個人的には聖書が好きで、

その中の人が生きる目的に同感している。

 

興味があれば詳しくは以下の資料を読んでみて