聖書研究、なにそれ?おいしいの?

研究って何ですかね?人の話しを聞いてそれが研究になるんですか? 研究と言ったら一人深い思考にふける行為じゃないんですかね? それは聖書だろうが、どの分野でも変わらない行為です。 ただ、聖書を研究すると他の学術研究の大きな違いがあります。   それは学んだことを生活に当てはめれるか否か。   植物の研究してもそれを普段の生活の中に当てはめるのはかなりアクロバティックな思考が必要ですが、聖書は生き方の勉強をする本なので、生活にすぐに当てはめれる内容となり実践しやすいです。 知識、考察、実験、観察、調査、探求と言うものが関係するのが研究。   目次1 聖書研究の基本は聖書読破1.1 聖書研究会について1.2 聖書研究に役立つ本やテキスト2 聖書研究のおすすめ 聖書研究の基本は聖書読破 聖書信じています。聖書研究しています。聖書が好きですとか言いながら、聖書を最初から最後まで読んだことがないのはおかしいでしょ。信じている、好き、研究していると言いながら一回も読んだことがないとか、それは口だけで全く実質が伴っていないです。 というわけで、聖書研究の初歩は聖書の読破に励みましょう。聖書は66巻からなる書物の集合体ですが、全部読み通しましょう。 聖書読破するのが難しいと感じておられるのでしたら聖書通読計画表を使用するのも一つの方法です。   聖書研究会について 一人で勉強するのはつらい。グループでやれば幾分その苦痛が和らぐという考えはよく起こると思います。そこでどこかの聖書研究会に参加してみるという方法があります。 日本で宗教関係なく聖書研究すると言うグループはほぼないでしょう。つまり聖書研究会と言うのはどこかの宗教団体が主催していることがほぼすべてに当てはまります。聖書研究会で検索すると各種教会主催の聖書研究会がわんさか出てきます。正直申し上げますとそういうところに行ったことがないのでどのようなことがなされているのか不明です。 ざっくり検索した内容を見ますと、講演、講座を聞くというスタイルが主流ですが、ディベートしているグループもあるようです。聖書の特定の書簡にフォーカスしてディベートするスタイル をとることもあるようですね。   聖書研究に役立つ本やテキスト 聖書を自分で勉強するにあたり参考にできる本は色々ありますが、かなりマニアックなものが多いです。 お勧めを以下に列挙しておきます。どれも無料の情報でメールアドレス登録等は必要ではありません。 ・神の言葉の研究ガイド ・聖書全体は神の霊感を受けたもので有益です 特にこの「聖書全体は神の霊感を受けたもので有益です」はかなり深く情報を掘っています。言い換えればかなりマニアックな情報もあるのでお気を付けください。   聖書研究のおすすめ 自分の好きな場所で聖書を学ぶことができます。個人でやるのが難しかったら、聖書研究の申し込みが無料でできます。 >>無料の聖書研究について